【必読!】絶対に押さえたいグルジア語【ごめんなさい・すいません編】

ジョージア語

前回紹介したグルジア語の「こんにちは」は日常生活でよく使いますが、「ごめんなさい」や「すみません」もよく使います。

カフェで店員さんを呼ぶときや、歩いている途中に誰かと肩がぶつかったときなど、様々な場面で「ごめんなさい」や「すみません」は使われます。

今回は、グルジア語で絶対に押さえたい「ごめんなさい」・「すみません」について解説します。

相手に謝罪するときは「マパティエ」「ヴツーフヴァル」

相手に謝罪をする際に使用するので、英語の「I’m sorry」と同義です。

მაპატიე(マパティエ)

マパティエは、相手に謝罪する際に使います。歩行中に誰かと肩がぶつかった、相手を待たせてしまったなど様々なシーンで使用できます

ვწუხვარ(ヴツーフヴァル)

ヴツーフヴァルは、 口喧嘩で相手を傷つけてしまった後など、自分が行ったことを後悔しており、相手に謝罪したいときに使用します。

相手に許しや許可を求めるときは「ボディシ」「ウカツラヴァド」

相手に許しや許可を求めるので、英語の「Excuse me」と同義です。

ბოდიში(ボディシ) または უკაცრავად(ウカツラヴァド)

2つに大きな違いはありません。カフェ等で店員さんを呼ぶときは、日本語の「すいませーん!」と同じように「ウカツラヴァド」を使用することが多いです。

また、道をあけて欲しいときや、人に訊ね事をするときなどは「ボディシ」「ウカツラヴァド」を両方使います

まとめ:場面に合わせて使い分けよう

以上がグルジア語の「ごめんなさい」と「すいません」の解説になります。グルジア語も日本語や英語と同様に 「ごめんなさい」と「すいません」 の使い分けがあります。

生活の様々な場面に合わせて、言葉を使い分けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました